梨はダイエット向き?秋の味覚で痩せる方法やダイエット効果など!

梨ダイエットダイエット徒然

梨はダイエット向き?気になる糖質やカロリー

 

秋の味覚と言えば、南瓜や栗、さつまいもなど
色々ありますが、梨も美味しいですよね?

梨は甘みが強く酸味が少ないので、苦手な方も少ないのではないでしょうか?

実はその秋の味覚梨でダイエットできる方法があるそうです。
では、梨は本当にダイエット向きなのか、カロリーや糖質
正しいやり方など以下にご紹介します。

梨の気になるカロリーと糖質

それでは、梨のカロリーや糖質をご紹介していきます。
また、他の果物と比較してみて
本当にダイエット向きなのか探っていきましょう。

梨のカロリーを他の果物と比較

梨と一口に言っても、大きさや種類によって
若干カロリーは違います。

大きさ別で比較してみますと…

  • 小サイズ(250g)= 108kcal
  • 中サイズ(300g)= 129kcal
  • 大サイズ(400g)= 172kcal

となります。
グラム数でみてみると、割と低カロリーですね。

次に、他の果物と比較してみますと…
ちなみに、100gあたりのカロリーになります。

  • 梨 = 43kcal
  • オレンジ(ネーブル)= 46kcal
  • パイナップル = 53kcal
  • りんご = 57kcal
  • ぶどう = 59kcal
  • バナナ = 86kcal

他の果物と比較しても、低カロリーの果物と言えます。

梨の糖質を他の果物と比較

それでは、次に糖質を比較してみます。
こちらもサイズによって若干が違いがあります。
サイズ別の梨の糖質は…

  • 小サイズ(250g)= 26.0g
  • 中サイズ(300g)= 31.2g
  • 大サイズ(400g)= 41.6g

となっています。
平均すると、100gあたり10.4gくらいです。

他の果物との糖質も比較してみますと…

  • 梨 = 10.4g
  • オレンジ(ネーブル)= 10.8g
  • パイナップル = 12.5g
  • りんご = 14.1g
  • ぶどう = 15.2g
  • バナナ = 21.4g

となっています。
糖質もまた他の果物と比べて低いことがわかります。

低カロリー&低糖質で
ダイエット向きの果物なんですね。

梨のダイエット効果とは?


梨は低カロリー&低糖質な果物ですが
実は嬉しいダイエット効果が沢山あります。
以下に梨の嬉しいダイエット効果など
ご紹介します。

便秘解消効果

梨に含まれるソルビトールという糖分には
便を柔らかくしたり、通じを良くする効果があります。

またこちらも梨に含まれるリグニン
食物繊維の一種です。

両方の相互作用が働くことで
梨は便秘解消を促してくれるんですね。
便秘はダイエットの大敵ですから
それを防ぐのにも梨は便利なんです。

脂肪分解効果

梨に含まれるペントザンという成分は
脂肪を分解してくれる効果があります。

梨を食べるだけでダイエットになるのは
この働きも関係しています。

むくみ解消効果

梨に含まれるカリウムには、むくみの解消効果もあります。
むくみは、特に女性には悩みどころです。

カリウムの働きで、体内の余分な水分や
老廃物を排出してくれるので
むくみなどもすっきり解消できます。

むくみだけでなく、冷えの解消にも役立つ梨は
秋でなくても食べたいものですね。

消化促進効果

梨に含まれるフィシンという成分は
主にタンパク質の消化を助けてくれる効果があります。

例えば、タンパク質=肉などを食べ過ぎた時には
梨を食べると、消化が促進されるので
食べ過ぎて良いというわけではありませんが
消化を助けてくれるのは嬉しい効果です。

胃腸機能の低下を防ぐ意味でも
梨は活躍してくれそうです。

梨ダイエットの効果的なやり方

梨にはダイエット効果がありますが
正しいやり方でやらないと、効果は半減します。
以下に、梨ダイエットの正しいやり方などご紹介します。

置き換えに使う

一日の3食のどれかに置き換えるのが一番シンプルな方法です。
特に置き換えにおすすめなのは朝食です。
なぜなら、朝食にフルーツを食べると
消化酵素が活発化して、基礎代謝が上がりやすいから。

ただ、ここで注意するのは
朝食を梨だけに置き換えると、栄養が偏るので
昼食や夕食でバランスを取るか
朝食のおかずの副菜として食べるのがおすすめです。

食前に食べてみる

食事の前に梨を食べる方法もあります。
梨には満腹感を得られる効果がありますので
食前に梨を1/2~1個ほど食べることで
食事の暴飲暴食を防げるんですね。

ただ、主食を減らすのは良いですが
完全に主食を抜いてしまうと
炭水化物が不足してしまうので
ダイエットのエネルギー源も不足します。

あくまで補助の意味で梨を食べるようにしてください。

夜に食べるのはNG!

夕食後のデザートに梨を食べるというのは
良くあることかもしれないですが
ダイエットしているなら
この食べ方はNGとなります。

夜に果物を食べると、血糖値が上がりやすくなり
インシュリンが分泌されることで
脂肪が体に蓄積されてしまいます。

そのため、梨をダイエットに使うなら
夜の8時以降は、一切禁止してください。
前述しましたように、朝食に食べるのが
正しい梨ダイエットの方法です。

甘い梨でダイエットしよう!

梨は甘い果物ですから、カロリーが多く見えますが
実は低カロリーで低糖質な果物です。

どんな食べ物も食べ過ぎは良くないですが
どうせダイエットするなら
効率よくダイエットしたいですよね?

そんな時には、秋の味覚を楽しみながら
ダイエットできる梨もおすすめです。

ダイエット中に甘い物が食べたくなったら
チョコなどのスイーツを食べずに
梨を食べれば、摂取カロリーも抑えられますね。

梨ダイエットで、甘みを我慢せず
ストレスフリーなダイエットを目指してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました