女性の中年太りの原因は何?特徴や対処方法などご紹介!

女性の中年太りの原因その他情報

なぜ30~40歳になると中年太りになりやすいの?

 

早い人は30歳から、多くの女性は40歳頃から
何となくお腹周りがぽっちゃりしてきたかな?と感じる方は多いです。

もしかすると、それは中年太りかもしれません。

中年太りの定義は、食事の量や生活習慣は変わらないのに
40歳代頃からお腹や下半身などに脂肪がついて太りだす現象を指します。
もしかして?と思われましたか?

では、何故30~40歳になると、太りやすくなるのでしょう。
今回は、中年太りの特徴や原因、対処方法などご紹介します。

女性の中年太りの原因とは?


中年太りは、食べ過ぎて太るのとはわけが違います。
食べ過ぎて太るのは当たり前ですが
なぜ食べる量が変わらないのに中年太りになるのか?
原因は、以下の通りです。

原因①ホルモンバランスの乱れ

「エストロゲン」という女性ホルモンがありますが
「レプチン」というホルモンが含まれることで
ダイエット効果も上がると言われています。

エストロゲンが分泌されることで
レプチンというホルモンが分泌され
相乗効果で痩せることが出来る
女性ホルモンなんです。

ただ、これらの女性ホルモンは加齢と共に
減少していくので、同じ量を食べても
体に脂肪などがたまりやすくなります。

これがまず中年太りの第一原因です。

原因②筋肉や基礎代謝の低下

女性だけでなく男性もそうなのですが
毎日筋トレや運動をしていないと
当然のように筋肉や基礎代謝は減っていきます。

基礎代謝は寝ていても消費するカロリーですが
これもまた年齢と共に減少していきます。

基礎代謝が減っているのに
若い頃と同じ食生活を送ると
消費されないカロリーが体に溜まり
中年太りになってしまうんですね。

原因③糖質を取り過ぎている

若い頃は甘い物など糖質を取り過ぎても
基礎代謝があるお陰で、ある程度は太らないで済みます。

食べ過ぎると、どんな食べ物でも
カロリーは蓄積されていますが
特に糖質を取ると、ブドウ糖が分泌されます。

糖質はある程度は必要な栄養素ですが
取り過ぎた糖質は脂肪として体に溜まります。

糖質は野菜にも含まれていますが
取り過ぎた糖質は脂肪に変わることを忘れないでください。

原因④体内の酵素の減少

体内には、代謝に関わる代謝酵素や消化に関わる消化酵素などが
備わっていますが、体内で生成される酵素の量は
決まった数しか作られず、年齢と共に減少していきます。

酵素の数が減れば、それだけ代謝も消化も悪くなりますので
それが中年太りの原因ともなっています。

中年太りを解消する対処方法は?


中年太りの原因がわかったところで
では対処方法などはないのでしょうか?

中年太りの解消には運動や食生活を見直す必要があります。
運動をすることで基礎代謝を上げたり
消費カロリー以上のカロリーを摂取しない必要があるんですね。

では、以下に中年太りの対処方法をご紹介します。

摂取カロリーを抑える

「摂取カロリー>消費カロリー」となってしまえば
若いうちであっても太ってしまうのは仕方がありません。

食べる量を減らすことで、摂取カロリーを抑え
基礎代謝が下がった体でも消費できる程度の
カロリーに抑える必要があるんですね。

すでについてしまった脂肪であっても
「成人の平均摂取カロリーの80%に抑える」ことで
脂肪を少しずつ落とすことも出来ます。

成人女性の1日の平均摂取カロリーは1,800kcal
言われていますが
痩せようと思ったら、少なくても
1400Kcal程度に抑える必要があります。

まずは、毎日の食生活の改善から始めてみてください。

軽い運動を習慣づける

食事にいくら気をつけても、すでについてしまった
脂肪を落とすためには、運動も必要です。

運動すると、基礎代謝も上げることが出来ますし
筋肉の増加にもつながります。

スクワットでもなんでも良いので
軽い筋トレと一緒に、有酸素運動なども行ってみましょう。
健康のために、ウォーキングなどもおすすめです。

ストレス解消の目的なら、散歩なども
すっきりして良いですよ?

酵素を取るようにしてみる

消化酵素や代謝酵素は、ある程度までしか
体内で作ることは出来ませんので
足りない部分は、外部から取る必要があります。

今話題の酵素など色々ありますが
酵素だけを飲んでダイエットは出来ない
思った方が良いです。

私も酵素系はいくつか試しましたが
どれだけ食べても痩せる!などの酵素には
まがい物があるので注意が必要です。

女性が太りやすいと言われる時期は?

女性が太りやすいと言われる時期は
女性ホルモンにも関係があります。

例えば、生理前や更年期を終えた後は
太りやすい体になると言います。

特に年齢にある程度関係ない生理は
「プロゲステロン」というホルモンが関係していて
これが生理前に大量に分泌されることで
水分が溜まりやすくなったり、食欲が増進されたりします。

この時期には、より注意が必要なので
運動や食生活など、今一度見直してみてください。

年代別の中年太りの特徴とは?


ひとくちに中年太りと言っても
30歳と40歳台では、それぞれに主な特徴があります。

では、年代別に中年太りの特徴を見ていきます。

30代の中年太りの特徴

30代の中年太りの主な原因は、基礎代謝の低下です。
筋肉量が減ることで、太りやすい体に変化しているんですね。

スポーツ選手ほどストイックな運動は必要ありませんが
やはり太りやすくなる事実を踏まえて
運動を取り入れて、基礎代謝を上げたいですね。

スタイルを良くしたいのであれば
筋トレはぜひ行って下さい。

40代の中年太りの特徴

40代の中年太りの主な原因は、更年期にあります。
更年期を迎えると、ホルモンが分泌されなくなり
というのも、更年期を迎えると
もう子供を産むための女性ホルモンは必要なくなり
前述したような女性ホルモンが減ってしまうんですね。

若い頃は胸やお尻につきやすかった脂肪が
お腹周りにつきやすくなります。

ただ、ホルモンのせいばかりが中年太りの原因ではありません。
今一度食生活や運動習慣を見直すことが出来れば
40代からでも痩せることは可能ですので
年齢のせいにして諦めないようにしてください。

中年太りの原因を知って正しくダイエットしよう!

若い頃は太らなかったのに…と悔やんでも
人間だれしも年は取りますので
基礎代謝や酵素の量は減っていきます。

特に女性はホルモンの関係でも太りやすいです。
ですので、若い頃とは違うダイエット法が必要になります。

まずは、健康のためでも良いので
毎日の食生活や運動習慣を見直してみましょう。

正しいダイエットは健康にも良いので
今からでも遅くありません。

中年太りを解消して、ストレスの元を断ちましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました