緑茶コーヒーダイエットは効果あるの?今話題のダイエット方法を調査!効果なしとの声も?

緑茶コーヒーダイエット食事編

緑茶コーヒーダイエットはやり方次第!

 

こんにちは。トレーズです。
今緑茶コーヒーダイエットが流行ってるそうですね。
私は別にダイエット目的でなくても、コーヒーや緑茶は常飲しています。

そもそもが砂糖入りの飲み物が嫌いなので、普段からブラックの無糖タイプを飲むことが多いんですね。
緑茶コーヒーダイエットが効果があるかどうかはさておき、飲み物だけで痩せるのは難しいです。

やはり食事制限と運動は必要になりますし、好きなだけ飲んでもOKというダイエットは眉唾ものが多いです。
それでは、今回は緑茶コーヒーダイエットについて、どんな効果があるのかや効果なしと言われる人の特徴などご紹介します。

緑茶コーヒーダイエットで効果なしと言われる人は?

緑茶ダイエット自体は、摂取カロリーを減らすのにも効果的ですし、ジュースや炭酸入りの清涼飲料水を飲むよりはダイエット効果も高いです。

にもかかわらず、緑茶コーヒーダイエットで痩せない人にはある特徴があります。

それは「緑茶コーヒーを飲むだけでダイエットしようとしている人」です。
具体的には、食事制限をしていない人、また運動をしていない人が当てはまります。

緑茶コーヒーはそれ自体にカロリー燃焼などの効果はさほどありません。
飲むだけで痩せると思っていたら、それは勘違いです。

緑茶コーヒーダイエットは、通常のダイエットと基本は同じで、食事を制限しつつ、運動もしつつ、更に飲み物のカロリーを抑えられるダイエットを指します。
飲むだけで痩せるなんて、魔法のようなドリンクは存在しません。

結論から言ってしまえば、飲むだけで痩せることはできないけど、痩せるための補助にはなる。
そんなダイエット方法なんです。
もしミルクを入れて飲んだら、すぐにカロリーオーバーしてしまいますし。(-_-;)

では、なぜ数ある飲み物の中で、緑茶コーヒーが良いとされるのかには理由があります。

それは緑茶とコーヒー自体に含まれるダイエット効果です。
以下に、緑茶のダイエット効果とコーヒーのダイエット効果を比較してご紹介します。

緑茶に含まれるダイエット効果

緑茶にはダイエットの補助効果として、以下のようなものがあります。

  • カフェイン:脂肪燃焼効果と便秘解消効果
  • カテキン:血糖値上昇抑制効果と脂肪燃焼効果
  • テアニン:ストレス解消効果と暴飲暴食を防ぐ効果

ざっと見てみると、3種類の成分がダイエット効果も高いとされます。
特に緑茶の苦み成分の1つ「カテキン」はポリフェノールの一種で、抗菌や殺菌効果があるとコロナ渦で人気が出てるみたいです。

緑茶も飲み方次第で、ダイエット効果はあります。

では次に、コーヒーのダイエット効果も見ていきます。

コーヒーに含まれるダイエット効果

コーヒーのダイエット効果は、まずミルクと砂糖を入れないことを前提に考えてください。
ダイエットするなら、砂糖やミルクは厳禁なので、必ずブラックの砂糖抜きを選ぶのがポイントです。

  • カフェイン:脂肪燃焼効果と便秘解消効果
  • クロロゲン酸:血糖値上昇を抑える効果

などがコーヒーのダイエット効果です。

カフェインは上記でもご紹介しましたが、クロロゲン酸というのもポリフェノールの一種で、血糖値の急激な上昇を抑えてくれるため、肥満の予防や美肌効果なども期待できます。

緑茶にもコーヒーにもダイエット効果があるとわかったところで、緑茶とコーヒーの組み合わせはどう影響してくるのかですが、相乗効果があるとされます。

二つの成分を同時に摂取することで、脂肪が燃焼しやすくなり、血糖値の上昇も抑えられて、便秘も解消してなど、どちらの効果も手に入れられるとして、緑茶コーヒーダイエットは流行っているんですね。

ただ、緑茶もコーヒーもカフェイン量が多いので、飲み過ぎは禁物です。
普段の水代わりに飲むというのではなく、運動の30分前に飲んで運動の補助に使うなど、飲み過ぎないような工夫がいります。

またどちらの成分も有効にしたいのなら、混ぜる時の対比も1:1にすると効果的と言われています。

何度も言いますが、緑茶コーヒーは飲むだけで痩せるというものではありません。
食事と運動に気をつけて、あくまで補助的な役割に使ってみてください。

コーヒーと緑茶を別々に飲んでもいい?

ここで1つ疑問だと思うのですが、なぜ緑茶とコーヒーを同時に飲むのだと思いますか?
ぶっちゃけ別々に飲んでも効果は変わらないはずですよね?

実は緑茶とコーヒーを混ぜて飲むのはメリットがあるんです。
どんなメリットがあるのか以下に見ていきましょう!

メリット①飲み忘れを防げるから

緑茶とコーヒーを別々に用意して飲んでみたら、片方だけ飲んで片方は冷めたので捨てちゃった。やうっかり片方を飲み忘れたなどの問題が出ることがあります。
両方の効果を得たいなら、同時に飲まないとあまり意味がありません。

交互に飲むというのも効果的かもしれませんが、面倒でやめてしまう可能性も高いです。
つまり緑茶とコーヒーを混ぜて飲めば、両方を一気に取れて、飲み忘れることも少ないからこそダイエット法として成り立っています。

交互に飲むのが難しい場合やうっかり飲み忘れが多い方は、緑茶とコーヒーを混ぜて飲む方が効果が高いかもしれません。

メリット②刺激がマイルドになるから

緑茶もコーヒーも苦みや刺激がありますが、特にコーヒーは苦手な人には刺激が強すぎる場合があります。

コーヒーにミルクを入れないと飲めないという方も多いですが、その場合にミルクの代わりに緑茶を混ぜると、刺激がマイルドになり飲みやすくなるんですね。

またすきっ腹にブラックコーヒーは良くないとされますが、こちらも緑茶を混ぜることで低刺激に変えることができます。
ブラックコーヒーが好きな方は問題ないですが、無糖ブラックが苦手な方は緑茶を入れて飲みやすくするのも1つの方法です。

緑茶コーヒーダイエットは続けやすい?

それでは、緑茶コーヒーダイエットの効果や効果なしと言われる人の特徴などご紹介してみました。

どんなダイエット方法も突き詰めれば、食事制限と運動の延長線上にあり、あくまで補助のパターンが多いです。

緑茶コーヒーダイエットは飲むだけで痩せる、魔法のドリンクではありません。
なぜ同じダイエット方法を実践しているのに、自分だけは痩せないの?と思った時には、ぜひ食事内容と運動量を見直してみてください。

意外な場所に原因があるかもしれません…。

記事が参考になりましたら嬉しいです!^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました