オートファジーダイエットではお菓子を食べてもいいの?注意点など解説!

オートファジーダイエット中にお菓子はOK?食事編

こんにちは。トレーズです。

オートファジーダイエットは、別名「8時間ダイエット」と呼ばれますが、16時間の断食時間があるダイエット法です。

オートファジーダイエットは、8時間の間なら原則何を食べてもいいと言われていますが、そこで「お菓子はいいの?」と疑問に思われるかもしれません。

今回は、オートファジーダイエット中の食べていい時間帯にお菓子はONなのか?またNGなのはどんな食べ物なのかなどご紹介します!

オートファジーダイエットでお菓子はOK?

結論から先に言えば、オートファジーダイエット中のお菓子がOKかどうかはカロリーと量によります。

低カロリーなら多少食べてもいいですが、一日の摂取カロリーが消費カロリーを上回れば、せっかくのダイエットも台無しです。

なので、量を控えることと低カロリーのおやつにすることが原則です。

ただ、お菓子は特別栄養価が高いわけではなく、どうしても糖質と脂質を取りがちになるので、オートファジーダイエットの食べてもいい時間帯でもできるだけ避ける方がいいと思います。

オートファジーダイエットの魅力ではあるけれど

オートファジーダイエットの特徴として、16時間の断食時間以外=8時間以内なら、どんな食べ物も基本的にはOKなのが魅力のダイエット法です。

ただ、何でも食べて良いからと、高カロリーな食事を続ければ当然ダイエット効果は薄れます。

食べていい時間帯にカロリーオーバーになれば、いくら16時間断食をしても意味がないからです。

もしどうしてもお菓子が食べたいときには、カロリーオーバーにならないかをしっかりと計算して、消費カロリーを上回らないように気をつけてください。

また、お菓子でカロリーを摂った分、ほかの食事を減らす必要がある点にも注意が必要です。

断食中にどうしてもお腹が減ったときは?

オートファジーダイエットでは、8時間の食べてもいい時間帯でもお菓子はNGと考えた方がいいですが、16時間断食の時間も当然お菓子はNGとなります。

でも、16時間の断食に慣れていない方は、どうしてもお腹が空いて我慢できないということがあるかもしれません。

そんな時に、食べてもOKなものをご紹介します!

ただ、食べても大丈夫と言うだけで、断食時間はできるだけ我慢する方がダイエット効果が上がるので、どうしてもというだけにしてみてください。

ナッツ類はセーフ

16時間の断食中にどうしてもお腹が減ったら、少量のナッツ類はセーフです。

ただ、ナッツ類を食べる時も、素焼き&塩味がついてないものを選ぶようにしてみてください。

それさえ守れば、ナッツは腹持ちが良いので、少量でも満足できます。

また、ナッツ類はビタミンやミネラル、食物繊維が豊富なので、断食で栄養バランスが崩れがちなときにも有効です。

さらに、ナッツ類には「不飽和脂肪酸」が含まれるので、オートファジーを活性化させる働きもあります。

とはいえ、ナッツは決して低カロリーではないので、食べすぎればオーバーカロリーになるので注意してください。

グレープフルーツはセーフ

16時間断食中でも、グレープフルーツなど糖質の低い果物はセーフです。

なぜ、グレープフルーツが良いかと言えば、ナリンギンと呼ばれる成分に食欲を抑える効果があるからです。

さらに、グレープフルーツに含まれる「リモネン」という成分には、血行を良くする働きや脂肪が付きにくくなる効果があります。

ただ、こちらも食べすぎはよくないので、1日に1/2個程度に抑えるのがポイントです。

糖質の高いバナナなどは断食時間ではNGなので、どうしても食べたいときには8時間の食べてもいい時間に回しましょう。

お菓子は原則NGな食べ物

それでは、オートファジーダイエット中にお菓子を食べるのはOKなのかや、断食時間中にお腹が減ったときに食べてもいいものなどご紹介してみました。

オートファジーダイエットは、8時間の間何を食べてもいいとされていますが、厳密には何でもいいわけではないので、カロリーオーバーにならないように、お菓子の量など調節してみてください。

ただ、オートファジーダイエットでも、お菓子は原則NGなので、どうしても食べたいときには少量だけにして、食べすぎないように注意が必要です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました