8時間ダイエットではご飯を食べられる?リバウンドの危険性なども調査!

8時間ダイエットでご飯はOK?食事編

こんにちは。トレーズです。

今絶賛8時間ダイエットを敢行中ですが、8時間ダイエットは8時間の間はある程度好きなものが食べられるダイエット法です。

なので、食べすぎはNGですが、ご飯も食べられるのが糖質制限ダイエットの特徴でもあります。

ただ、一方で8時間ダイエットはリバウンドの危険性が高いとも言われているので、真相を調査してみました!

8時間ダイエットはご飯OK?

8時間ダイエットでは、16時間の断食時間に水分だけにするので、8時間は何を食べてもいいとされています。

ただ、何でも食べていいのはご飯などがOKということで、食べすぎていい時間帯ではなく、8時間の間のご飯のカロリーは控える必要があります。

また、16時間の断食時間に胃腸を休ませていたのですから、それが明けた時にも胃腸に優しい食べ物を食べるのがいいと言われています。

8時間ダイエットでは、ご飯を食べてはだめなどのルールがないため、ある程度自由に食事を取れますが、オーバーカロリーにはならないように注意が必要です。

同時に、8時間の食事がOKの時間帯にはご飯を食べてもOKですが、いきなりご飯をバクバク食べるなどすると、血糖値が急上昇し、インスリンが大量分泌されてしまいます。

インスリンは血糖値を下げるためのホルモンですが、これが出過ぎると脂肪として身体に蓄えられるとのデメリットがあります。

なので、8時間の間はご飯を食べてもOKですが、せっかく胃腸を休ませた後ですから、断食後は消化のいいおかゆやスープなどを食べるのがおすすめです。

8時間ダイエットで朝ご飯は抜くべき?

8時間ダイエットでは、16時間もの間断食をするのですから、基本的には朝食を抜くことになると思います。

私が実践している8時間ダイエットでも、朝食は抜いて、朝ご飯と昼ごはんに当たる一日の食事の時間は12時過ぎです。

なぜ、12時から食事を取るのかといえば、8時間の計算がしやすいからです。

朝ご飯&昼ご飯にあたる食事を12時に取れば、夕食も8時までの時間の余裕が生まれます。

朝ごはんをたとえば、8時に食べてしまうと、16時までに夕食を終わらせる必要があり、学生や主婦ならいいかもしれないですが、普通に仕事をしている方には無理です。

なので、あえて朝ごはんを食べないことで、食事のスケジュールを簡単にできるのも8時間ダイエットのポイントです。

ご飯を食べるのは問題ありませんが、食べる時間帯に注意しないとせっかくのダイエット効果が薄れてしまうので注意してみてください。

8時間ダイエットはリバウンドしやすい?

8時間ダイエットは、実はリバウンドしやすいダイエット法とも言われています。

なぜそう言われているのか、原因を以下にいくつか見ていきましょう!

空腹の時間がストレスになりやすいから

普段から断食に慣れていればそうでもありませんが、何か口に入れないと寂しいと感じている方は、断食そのものがストレスになりやすいです。

断食中だからと食事を断れればいいですが、つい友達などに誘われて誘惑に負けたら、それからずるずるとまた元の食生活に戻ってしまう可能性もゼロではありません。

慣れるまでが辛いと感じる方は、余計なストレスを抱えてしまうので、8時間ダイエット向きではないと割り切りましょう。

世の中には数多くのダイエット法があるため、なにも8時間ダイエットにこだわる必要はないからです。

もし断食がどうしても辛いと感じた場合は、ストレスから暴飲暴食に走るよりはほかのダイエットに変えてみるのもおすすめです。

代謝が下がるのに食事の量を戻すから

断食は、絶食なので基礎代謝が下がると言われています。

なぜ代謝が下がるかといえば、1ヵ月で体重の5%以上痩せると、体が「生命の危機」を感じ、体内に脂肪を溜めこもうと、代謝を落としてしまうからです。

8時間ダイエット中は、カロリーを抑えているので平気ですが、いざ普通の食事に戻したときに、そもそも代謝が下がっているわけですから、食事の量が増えるとリバウンドの危険性があります。

だからこそ、8時間ダイエット中でも基礎代謝を上げるために、運動なども同時に行って基礎代謝を上げることが推奨されています。

筋肉の量が減りやすいから

8時間ダイエットでは、足りないカロリーを補うために、脂肪と一緒に筋肉も分解されてしまいます。

なので、それを防ぐためにも、1食分を補う目的でタンパク質を多めに摂らないといけません。

たんぱく質も同時に減らしてしまうと、筋肉の生成もうまくいかず、結果筋肉が減少してしまいます。

筋肉が減れば、基礎代謝も落ちて、太りやすい体になってしまうので、もし食事でとるのが難しい場合はプロテインなどで補給がおすすめです。

私は8時間ダイエットの終わるギリギリの時間(夜の6時半から7時くらいの間)にプロテインを飲み、その後1時間ほど経ってから、筋トレと有酸素運動をしていますが、プロテインを飲むと腹持ちも良いため、割と楽に断食もできます。

ホエイプロテインでもよいのですが、ダイエット向きなのは吸収が緩やかなソイプロテインと言われていますし、何よりフレーバーの種類が多いので、ぜひソイプロテインを活用して、たんぱく質を補給してみてください。

8時間ダイエットではご飯の時間帯が大切

それでは、8時間ダイエット中にご飯はOKなのかや、朝ごはんは抜くべきか、リバウンドの危険性がある理由などご紹介してみました。

8時間ダイエットは16時間の断食時間があるため、基礎代謝が下がりやすい、ストレスに感じるなどのデメリットもあります。

もし断食がきつすぎるなら、ほかのダイエット法に切り替えるなどして柔軟に対処してください。

慣れるまでが苦痛と感じる方が多いのも8時間ダイエットの特徴です。

ただ、胃腸が休まるので朝スッキリと起きられるなどのメリットもあるので、まずは自分に向いたダイエット法なのかを確認してみてください。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

タイトルとURLをコピーしました