有酸素運動なら自宅で出来るエアロバイクがおすすめ!おすすめのエアロバイクもご紹介!

おすすめのエアロバイクダイエット徒然

エアロバイクのダイエット効果が侮れない!

私が以前3か月で15kg減量した時に、お世話になったのがエアロバイク。
毎日30~60分の運動で脂肪燃焼を促進してました。

エアロバイクの良い所は、室内で出来るので
天候に左右されない所です。
ただ、エアロバイクには実に種類があり
それぞれに一長一短があります。

今回は、私が以前使っていたクロスバイクなどの
実体験レビューと共に、エアロバイクの効果ややり方など
ご紹介していきます。

エアロバイクの種類は3つ!


エアロバイクには、実は種類があります。
大別すると3種類があり、それぞれに特徴がありますので
以下にご紹介します。

アップライト型

アップライト型の一番の特徴は、本物の自転車に乗っている
感じが味わえる点です。
一般的なクロスバイクは、アップライト型が多く
上半身を起こした状態で漕げるため人気があります。

初心者でも始めやすいタイプが多く
ペダルも軽めなので、ダイエットを始めるにもぴったりです。

スピンバイク型

スピンバイク型も上半身を起こすことに違いはありませんが
やや前傾姿勢になるという特徴があります。

サドルとハンドルの高さが同じになるので
腰の高さが高めになります。
スピンバイクは高めの負荷がかかるのがポイントで
初心者よりも上級者向けのエアロバイクです。

リカンベント型

アップライトとスピンバイクは、自転車のように漕ぎますが
リカンベント型の大きな特徴は、もたれによりかかりながら
ペダルを漕ぐことになります。

足を屈伸させて運動が出来るため
高齢者やリハビリ用の運動器具として人気があります。

エアロバイクがなぜ痩せるのか?


それでは、エアロバイクが痩せると言われる理由はなんでしょう?
自転車をこぐだけで、何故ダイエットになるのでしょう?

エアロバイクは有酸素運動にジャンル分けされますが
軽い負荷がかかる運動を長時間行うことで
基本的には20分までは食べたものが燃えだし
それ以降は体内に溜まった脂肪が燃焼し始めます。

他にも有酸素運動は多くありますが
ペダルを漕ぐだけという手軽さと、テレビを見ながらなど
ながら運動が出来、長時間続けやすいのも魅力の一つです。

以下に、エアロバイクのダイエット効果などご紹介します。

消費カロリーが高め

体重や性別によって違いはありますが
エアロバイクを30分間漕いだ場合の消費カロリーは
150〜300kcalと言われています。

ウォーキングは、30分で平均110〜250kcalくらいの
消費カロリーですから
エアロバイクが効率的に消費できるのがわかります。

体への負担が少ない

エアロバイクのメリットとして
体への普段が少ないのも大きいメリットです。
「心拍数を一定に保ちながら運動を行うことができる」
エアロバイクは、体力がない人でも続けられる運動なんです。

また、エアロバイクにはモニターが付いていることで
機種によっても異なりますが
漕いだ時間や心拍数、消費カロリーなどが表示されるので
自分の体調に気づきやすいというメリットもあります。

エアロバイクのおすすめのトレーニング方法

エアロバイクの効果がわかったら、次は正しいトレーニング方法を
ご紹介します。

ポイントさえ押さえれば、軽い負荷であっても
長時間運動できるので、よりダイエット効果が高まります。

以下に、エアロバイクのおすすめのトレーニング方法をご紹介!

最低でも30分は漕ごう!

基本的にエアロバイクで運動するなら
最低でも30分は漕ぐのがおすすめです。

前述もしましたが、運動を始めて20分は主に糖質が燃え
20分を過ぎたあたりから、脂肪が燃焼し始めます。
20分焦げたのなら、まだ続けられるということです。
せっかく漕ぎ続けたのに、20分でやめるのはもったいないです。

慣れたら、45~60分など延長できるようになれば
更にダイエット効果は高まります。

漕ぐ頻度は週に3~4日が目安

もしエアロバイクが好きなら、毎日漕ぐのが理想ですが
そうでない場合は、週に3~4日は漕ぐようにしてください。
と言いますのも、週に3日以上間隔があいてしまうと
有酸素運動の効果が薄れると言われているからです。

体重キープするなら、週に1~2日でもOKですが
ダイエットは体重を減らすのが目的ですから
少なくても週に3~4日は漕ぐようにしましょう。

漕ぐのは朝食後がおすすめ

エアロバイクを漕ぐのなら、一番のおすすめのタイミングは
朝食後になります。
時間がなくて夜に漕ぐ方も多いですが
理想は朝食後なんです。

理由は、朝の方が夜よりも交感神経が活発になっているからです。
またすきっ腹で運動するよりも
食事の後の方が同じように交感神経が活発化します。

朝に運動すると、代謝も良くなり
更なるダイエット効果が期待できます。

ただ、普通に仕事をしていたら
朝食後には無理!という方もいらっしゃるでしょう。
もしどうしても朝に運動をしたいのなら
早起きするしかないです。

とはいえ、早起きが面倒なら、夕食後でも構いません。
とにかく毎日続けられるのが目安となります。

睡眠前の運動はNG

睡眠前には、脳の活動は抑えられ
寝るモードに入ってしまうため、運動の効果が現れづらいです。

また寝る前の激しい運動は、興奮状態になるので
安眠を妨げる恐れもあります。
夜にエアロバイクを漕ぐ場合は、寝る前ではなく
夕食後30分経ってからというのが望ましいです。

エアロバイクの選び方のポイント

エアロバイクを選ぶなら、選び方のポイントを踏まえるようにしてください。
自分の体にあったものでないと、毎日続けられなくなります。

そうなると、決して安くはないエアロバイクを買っても
すぐに運動に飽きてしまいます。

ですから、エアロバイクを選ぶ時には
ポイントを踏まえて、しっかりと選ぶ必要があります。

ポイント①バイクのサイズを確認!

エアロバイクは、割とサイズが大きめなため
家のスペースに置く時など
サイズが合わないと、居住空間を圧迫してしまいます。

まず、自宅に置く場所のスペースの面積などを計っておき
自分の部屋に置けるか?を確認しておきましょう。

ポイント②サドルの高さを確認!

エアロバイクは、サドルの高さが合わないと
長時間の運動では、お尻が痛くなる場合があります。
サドルの高さの目安は、こんな感じです。

「股下の長さ×0.85=自分に合うサドルの高さ」+「24cm(ペダルシャフトまでの高さ)」

この計算を参考にして、自分にあったサドルの高さを
決めてみましょう。
また、商品によっては、サドルの高さを調節できるタイプも
ありますが、穴の位置が合わないと自分にあった高さに出来ません。

面倒でも、予め高さの計算をしてから購入しましょう。

ポイント③値段の安さだけで選ばない!

エアロバイクの値段は、ピンキリです。
高いバイクが良いかというとそうでもなく
安い方が良いかと言うと、これもまたうーんとなります。

値段が安い方が良いと考える方もいますが
値段だけではなく、機能がどんなものがついているかの
確認も必要です。

ホームセンターなどで買う場合は
試乗が出来るタイプもありますので
しっかりとテストして自分に合うタイプを見つけましょう。
テストしてから、ネットで安いのを買うのもありです。

ポイント④機能で選ぶ

エアロバイクを長く続けたいなら
やはりある程度の目安があった方が
モチベーションが上がります。

良くある機能として、消費カロリー、距離、心拍数などが
ありますが、自分に必要な機能がついているかも
確認してください。

もっともダイエット上級者の方ほど
これらの機能は使わないで、わざとメーターを外す方もいます。

ただ、初心者は特に、メーターがついていた方が
楽しく続けられますので
機能も重視してみてください。

私がおすすめするエアロバイク

私が現在使っているタイプは、すでに販売停止となりましたが
アルインコのクロスバイクはおすすめです。

まず折りたたみが出来るほどの軽量タイプであり
要らない時には、すぐに隅のスペースに移動できます。
また軽量なので、マットを敷かなくても床に傷がつきにくいです。

ただ、ペダルが少し軽めなので、消費カロリーは
少し少ないかもしれません。

私がアルインコをおすすめする一番の理由は
サポートがしっかりしている点です。

私のクロスバイクは、何年も前のタイプで
メーターが壊れた時に、代替品を売っているお店がなく
メーカーに直接問い合わせたところ
すぐに代替品を送ってもらえました。

メーター代は数千円かかりましたが
同じクロスバイクを使い続けることが出来ました。


今売られているクロスバイクでも
アルインコ製がおすすめです。
女性でも持ち運びができますし
使い終わったら、折りたたんでしまえます。

値段は1万円台がほとんどですが
そこまで高くないので、購入しやすいと思います。

エアロバイクで痩せてみよう!

エアロバイクは、初期投資がいくらかかかるという欠点はあるものの
長く使えるのでしっかりと元が取れます。

ジムなどに通うよりも、エアロバイクを買って
自宅で運動した方が安上がりですよね?

エアロバイクの消費カロリーは高めですし
長く続けられるタイプを選べば
毎日でも苦にならず続けられます。

アニメを見ながら、映画を見ながら
知らず知らず漕いでしまう癖をつけてみてください。

運動のポイントを押さえて、効率的に痩せましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました