ヴァームゼリーにダイエット効果はある?ゼリーとパウダーの違いなども解説!

ヴァームゼリーのダイエット効果食事編

こんにちは。トレーズです。

4月1日からトレーニングを再開し、久々の運動に筋肉痛になる毎日。

私はトレーニングの前に、ヴァームのドリンクを愛用していますが、VAAMは運動の30分前に飲むと効果的と言われていますね。

ブラックの無糖コーヒーでも同じような効果が得られるとは言いますが、栄養面でも補ってくれるのがヴァームの良い所。

今回は、ヴァームゼリーにダイエット効果はあるのかや、ゼリーとパウダーの違いなどご紹介します!

ヴァーム(VAAM)ゼリーとは?

ヴァーム(VAAM)には、いくつか種類があり、飲み方の種類としては「パウダー」「顆粒」「ゼリー」「ウォーター」タイプなどに大別されます。

中でも、ヴァーム(VAAM)ゼリーがダイエット向きと言われるのは、ちょっとお腹が空いたな?と言うときに手軽に摂取できるからです。

パウダーを溶かしたドリンクもおすすめですが、さすがに液体ではお腹を満足させるのは難しいですよね。

だからこそ、普段のおやつ代わりにも使えるゼリーがおすすめとなります。

以下に、ヴァーム(VAAM)でダイエット効果が得られる理由なども解説します!

低カロリーだから安心

ヴァーム(VAAM)の良い所は、何といっても低カロリーなのでダイエットの絶好のパートナーになってくれる点です。

基本のヴァームタイプのゼリーが「1パック180gで32Kcal」、ヴァームダイエットのゼリーなら「1パック150gで12Kcal」しかないので、食べすぎは厳禁とは言え、かなり低カロリーと言えます。

ちなみに、ヴァーム(VAAM)のウォータータイプやパウダーは、ほぼノンカロリーなので、こちらは水分補給向きです。

もし普段から、清涼飲料水を飲んでいるなら、ヴァームに切り替えるだけでも、摂取カロリーを減らせますので、ぜひウォーターやパウダーなども試してみてください。

ヴァームゼリーはラインナップも豊富

ヴァームゼリーには、いくつかラインナップがあり、パイン味やアップル味、レモン味などがあり、好きなタイプを選べるのもポイントです。

また、ヴァームゼリーにはダイエットに特化したタイプもあるので、アミノ酸「D-V.A.A.M.」を配合したタイプもおすすめです。

ちなみに、ウーマン向けやアスリート向けもあるので、ご自分の好きなタイプを選んでみてください。

ヴァーム(VAAM)のゼリーとパウダーはどこが違う?

ヴァーム(VAAM)のゼリーとパウダーの違いを見てみると、カロリー的には大差がありません。

パウダーが19Kcalだとしたら、ゼリーは12Kcalと少しの違いしかないからです。

それでも違いをあげるとしたら、アミノ酸の配合量が違うのが大きな違いでしょう。

パウダーには、アミノ酸が3,000mg配合されていますが、ゼリーには半分の1,500mgしか配合されていないからです。

もしアミノ酸を多く摂取したいなら、パウダーの方がいいようにも思えますが、水分補給をしても、空腹状態で運動をすると、せっかく付けたい筋肉が分解されてしまう可能性があります。

運動前には食事は控えるべきですが、全くの空腹状態だと運動の効果が得られないため、そこでゼリーの出番です。

ヴァームゼリーなら、カロリーをほぼ取らずに、お腹を満たせるので、運動の効率も上がります。

もし、運動をするときにお腹が空いているようなら、水分補給の前(運動の30分前)くらいにゼリーを食べて、空腹状態を脱するのも1つの方法です。

小腹を満たすならヴァームゼリーがおすすめ!

それでは、ヴァーム(VAAM)ゼリーで得られるダイエット効果や、飲むタイミング、パウダーとの違いなどご紹介してみました。

ヴァームは運動の効率を上げてくれますが、ゼリーは空腹を満たす意味でもぴったりです。

ぜひ、ゼリーを効果的に使い、日々の摂取カロリーを抑えつつ、運動の30分前にはパウダーで水分補給など使い分けてみてください。

私も毎日ヴァームを飲んでいますが、そのおかげなのか…足をつることもなくなり快適な毎日を送っています。

アミノ酸を効率よく摂取するためにも、ぜひヴァームを使いこなしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました