散歩をダイエットに使うなら?効果的な距離とポイント

散歩のダイエット効果ダイエット徒然

散歩にはダイエット効果やストレス解消効果も!

 

こんにちは。トレーズです。
散歩は、気分転換に最適ですよね。

私も今日は休日だったので、往復2時間かけて、スーパーを梯子しながら、散歩をしてきました。散歩というには、ちょっとあれですが、スーパーなどに行く時には、必ず歩いて行くようにしています。
持ち物が多くならない時に、限りますが…(; ・`д・´)

流石に、10kgを超える荷物になる時には、父がお休みの日に、車を出してもらいます。
でも、土日は、父が休みではないので、必然的に歩くようになるわけです。

4kmくらいしか歩いていませんが、全く歩かないのに比べれば、かなりお得です。
秋になり、夏ほど暑くないので、風も気持ちが良いです。

ただ、散歩自体は、ダイエットに向いているとは、必ずしも言えないんですね。
というのも、散歩自体の運動は軽すぎて、有酸素運動の強度に足りないからなんですね。

それでは、ダイエットに散歩を使う場合の、効果的な距離とポイントをご紹介します。

散歩ダイエットの効果的な距離など

散歩ダイエットの効果は距離に比例しますが、それ以上に気分転換になり、ストレス発散になったりと、付属効果が高いのも魅力的な所です。

ダイエット目的にするためには、ウォーキングにしないと、運動強度が足りないので、散歩で効果を得るためには、効果的な距離と言うのがあります。

散歩ダイエットの一番効果的な面は、体が温まるということです。

つまりは、わずかではありますが、代謝が上がるんですね。

しっかりと歩くと、ふくらはぎの血流が良くなったりします。
ふくらはぎは「第二の心臓」という言葉を聞いたことがある方も、いらっしゃるかも知れません。
代謝が上がると、脂肪が燃えやすくなる体になります。

散歩が良いと言いましたが、実際にどれだけの距離を歩けば良いのでしょうか?
実は、目安は20~30分ほどで、効果が出るとされています。

それを超えてしまうと、疲労を感じたり、疲れたことで散歩自体が億劫になり、三日坊主になってしまうことも。

実際に歩いてみるとわかりますが、30分なら、2km程度歩くので十分なんですね。
音楽を聴きながらとかだと、ダイエットをしているという感覚なしで、30分なんて、すぐに過ぎてしまうものです。

ウォーキングまでの運動強度がないため、散歩はストレス発散も出来て、実は嬉しいダイエット方法なんです。

ただ、朝起きてばかりの時に、散歩をするのは、危険です。
朝に散歩をする時には、必ず糖分と水分を補ってから、散歩をするようにして下さい。
加えて、軽くストレッチをしてから、散歩に行くのも良いです。

もし、夜に散歩をされる時には、一人ではいかないようにし、就寝の二時間前に済ませてしまいましょう。
寝る間際に運動をしてしまうと、体が興奮状態になり、眠れないということにもなりかねません。

距離は、余り意識しないでも大丈夫です。
今日は5km歩く!などとしてしまうと、達成感はあるかも知れませんが、余りにもきついと感じると、5km歩くのが面倒になって、挫折してしまうことも。

ペットと散歩をするというのも、一応アリですが、ペットの散歩はペットとのコミュニケーションと割り切って、ダイエットには使わないようにしましょう。
そして、散歩の時も、ウォーキングの時と同じように、しっかりと腕を振って、出来れば、早歩きにしましょう。

もし、それが大変な場合は、散歩は気分転換と割り切り、ストレス発散の手段にして、ダイエットでは別の運動を取り入れるというのも、十分に効果があります。

効果を上げたくて、歩きすぎると、次の日から、億劫に感じてしまうので、あくまでも無理をしない散歩がおすすめです。

散歩にしても、他の運動にしても、継続しないと意味がありません。
「継続は力なり」です。
自分のペースで、毎日コツコツ続けるのが、ダイエットの王道です。

音楽を聴きながら散歩をするなら、MP3 プレイヤーを使うのも良いですね。

まずは、自分のペースで続けられるようにしてみてください。^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました