内臓脂肪の落とし方はどうやるの?内臓脂肪と皮下脂肪どちらが落としやすい?両者を徹底比較!

その他情報

内臓脂肪の方が落としやすいは本当だった?

 

こんにちは。トレーズです。
昔あるアンケートで、内臓脂肪を落とすサプリについて、内臓脂肪の方が落としやすいって知ってましたか?みたいな広告があったんですが、ダイエットをしてみると、あれは嘘だったのでは?と思うようになりました。

絶賛ダイエット中ですが、皮下脂肪は標準なのに、内臓脂肪がなかなか落ちません。
もちろん、毎日脂質を抑える食事と筋トレも有酸素運動もしているのに…!です。

結局のところ、内臓脂肪と皮下脂肪どちらが落としやすいのかが気になりませんか?
今回は、内臓脂肪と皮下脂肪を比較して、落としやすいのは一体どちらなのか男女で比較してご紹介します!^^

内臓脂肪と皮下脂肪の落とし方はどうすればいい?

内臓脂肪は、厳密には違いますが、皮下脂肪と落とし方自体は同じなので、まず生活習慣の乱れから改善する必要があります。
生活習慣の乱れを直すのが本来のダイエットの意味でもあるので、落とし方はダイエットをするのが一番手っ取り早いです。

では、以下に内臓脂肪と皮下脂肪の落とし方をご紹介します。

内臓脂肪と皮下脂肪の落とし方①筋トレ

筋トレだけでは、内臓脂肪をしっかりと落とすには不十分ですが、基礎代謝を上げて生活習慣を直すにはもってこいのトレーニングです。
ダイエットでは、先に筋トレをする方が良いと言われるのは、筋肉が多くなると、それだけ有酸素運動の消費力が高まるから。

もし筋トレをするなら、簡単にできるのはスクワットです。
私も毎日筋トレの種目にスクワットを入れていますが、有酸素運動並の消費カロリーが期待できるので、ぜひスクワットなどの筋トレを取り入れてみてください。

以下の動画なども、特に女性には参考になるかもしれません。

内臓脂肪と皮下脂肪の落とし方②食事制限

内臓脂肪や皮下脂肪を落としたいなら、やっぱり食事制限は必須です。
基本的には、無理な断食などをせずに、低カロリーかつ低糖質、かつ栄養バランスに良い食事を一日3回繰り返すようにするのが、生活習慣の乱れを直すのにも繋がります。

食事の回数を減らしたり、無理な断食をすると、体が飢餓状態にあると勘違いして、より脂肪を溜めこんでしまいます。
なので、毎回少な目で良いので、しっかりと食べることで、内臓脂肪や皮下脂肪を落としやすくできるんですね。

内臓脂肪と皮下脂肪の落とし方③有酸素運動

内臓脂肪にしても皮下脂肪にしても、やはり基本となるのが有酸素運動。
毎日のウォーキングやランニングなど、脂肪を燃焼させるためには、有酸素運動が必須です。

ただ、有酸素運動は軽く長く続ける運動で、運動の始めの方で食べたもの=糖質などが使われ、20分を超えたあたりから、ようやく脂肪が燃えだすとも言われています。
実際には、20分未満でも脂肪は燃え始めるのですが、短い時間の有酸素運動よりも長めの有酸素運動の方が脂肪の落ち具合は高いです。

ウォーキングやランニング、水泳、自転車など方法は色々ありますので、まず毎日自分が続けられそうな有酸素運動を見つけてみてくださいね。

内臓脂肪の方が落としやすいって本当?

内臓脂肪と皮下脂肪は脂肪とつくので混同されやすいですが、全くの別物です。
違いは、以下にご紹介しますが、よく内臓脂肪の方が落としやすいって言われてますよね?

では、なぜそう言われるのでしょう?
実は、それには内臓脂肪の特性が関係しています。

内臓脂肪は見た目では確認できないため、見た目は痩せていても内臓脂肪が多い「隠れ肥満」という方もいます。
逆に見た目は太っているのに、内臓脂肪が少ないという方もいて、内臓脂肪は見た目では判別できなことも多々あるんです。

内臓脂肪の方が落としやすいと言われる理由は?

ただ、内臓脂肪の方が落としやすいと言われるのは、生活習慣を改善するだけでも落とすことが可能だから。

皮下脂肪は見た目でもわかりますが、内臓脂肪に比べてゆっくりと確実に蓄積されていくため、落とすには時間がかかり、今期も必要になってきます。
実は落とし方自体は変わりがないのですが、どちらが早く落ちるかと比較してみると、断然内臓脂肪の方が落としやすいと言えます。

私の場合、内臓脂肪の方が落ちづらいイメージもあるので、もしかしたら、ダイエット以外の別の要因が働いているのかもしれません。

とは言え、結論から言ってしまえば、内臓脂肪の方が皮下脂肪よりも落としやすいのは間違いないです。

内臓脂肪を手軽に落とすには、サプリを利用する方法もあります。
例えば、ナイシトールなどが有名ですね。

【第2類医薬品】ナイシトール 85a 280錠【セルフメディケーション税制対象】
くすりのレデイハートショップplus
¥ 3,208(2023/01/17 12:35時点)

内臓脂肪と皮下脂肪の違いはどこにあるの?

内臓脂肪と皮下脂肪、どちらも脂肪とついているので、どちらも減らしたい所ですよね?
でも、両者の違いを知らないと、減らし方や見分け方がわからないということもあります。

なので、以下に内臓脂肪と皮下脂肪について違いを見ていきましょう!

内臓脂肪とはどんな脂肪のことを指すの?


画像引用元:パブリックドメインQ

内臓脂肪は、体の腸の周りなど目で見て確認することができない、体内についた脂肪のことです。
生活習慣の乱れなど、さまざまな要素が絡んできますが、目で見て確認できないため、いつの間にか溜まってしまうなんてこともあり得ます。

男性と女性では、ホルモンの影響もあり、内臓脂肪で見てみれば、男性の方がつきやすい脂肪と言われています。

皮下脂肪とはどんな脂肪のことを指すの?

皮下脂肪は、お腹の皮膚の下についてしまう脂肪で、こちらは見た目で確認できます。
お腹の周りを指でつまむと、皮以外がつまめる時には皮下脂肪がついていることになります。

こちらはホルモンの関係で女性の方がつきやすい脂肪とも言われていて、特に産後の肥立ちが悪いとつきやすいとされます。
見た目で確認できるため、一番気になる脂肪で、内臓脂肪よりも気にする女性が多いです。

内臓脂肪と皮下脂肪は、同じ脂肪とつくのに、全くの別物です。
溜まりやすさも落としやすさも違うので、まずは別物であることを覚えておいてくださいね。

内臓脂肪と皮下脂肪のつきやすさについては、こちらの記事も参考にされてください。

>>肥満遺伝子がある?!リンゴ型の特徴って?

肥満遺伝子がある?!リンゴ型の特徴って?
肥満遺伝子ってなに?おはようございます。トレーズです。最近更新がなく、メルマガだけは、細々と更新を行ってきましたが、また時間が取れた時には更新しようかと思います。それはそうと、良く肥満遺伝子って聞きますよね?脂肪細胞の数は...

どちらの脂肪も落とし方は同じだった…

それでは、内臓脂肪と皮下脂肪のどちらが落としやすいのかや内臓脂肪と皮下脂肪の違いなどをご紹介してみました。
結論から言えば、内臓脂肪の方が落としやすいことがわかりましたが、落とし方などは両方とも同じなので、ぜひ効果的にダイエットをして、生活習慣の乱れも改善しましょう!

記事が参考になりましたら嬉しいです!^^

タイトルとURLをコピーしました