コロナ渦で太ったと実感する人が増えている?キーワードは糖質制限にあり!

2022年のダイエットは低糖質食事編

こんにちは。トレーズです。

ある統計データによると、コロナ渦で太ったと実感する人が全体の3割ほどいるそうです。

私の場合、そもそもリモートワークだったこともあり、正月に太ったくらいしか変化はありませんでしたが、コロナ太りを脱却するには糖質がキーワードだと言います。

今回は、コロナ渦で太った方が痩せるために必要な低糖質についてご紹介します!

コロナ太りの原因は糖質の過剰摂取?

コロナの影響でリモートワークをする方も増え、どうしても外出できない分運動不足になりがちで…

気が付いたら、太っていた…なんて経験はありませんか?

私の場合、コロナというよりは年末年始にだけ太ってしまったんですが、大きな理由の1つに以前の会社を辞めたからというのがあります。

リモートワークであっても、仕事をすることには変わりなく、時間に追われることが逆に食べすぎを防いでいた感もあります。

脱線しましたが、コロナ渦の今、ダイエットのトレンドはずばり低糖質です。

低糖質がなぜ2022年に流行るかといえば、血糖値の乱高下を起こさないため。

以下に、低糖質のダイエットがトレンドになる背景などもご紹介します!

2022年のトレンドが低糖質な理由

そもそも血糖値が乱高下する原因は、ほとんどの場合糖質の過剰摂取です。

ダイエットや健康面で見ても、血糖値の急上昇が良いはずもなく、だからこそ、普段から糖質の取りすぎには注意しないといけません。

最近では、コンビニなどでも低糖質のデザートや総菜などをよく見かけますが、2022年は低糖質の食事がトレンドになりそうです。

低糖質だと言っても、値段や味は改良され続けているので、昔のように不味いと感じる総菜なども減ってきています。

適度に運動することやカロリーを抑えるのはダイエットには必須ですが、それに低糖質も加わったダイエットが2022年には再燃しそうな勢いです。

ただ、低糖質ダイエットはあまりに極端にやってしまうと、糖質が足りなくなるので、糖質制限はほどほどに…もっと具体的に言えば、正しい方法を実践する必要があります。

糖質制限だけでは痩せない?

私の経験から言えば、朝と夕食に糖質制限をしても、目に見える結果は出ませんでした。

ちゃんと運動も続けていたのに…です。

どうやら、持病の薬が影響していそうですが、誰でも低糖質にしたからと言って、急激に痩せるわけではありません。

低糖質は基本として、運動と食事制限はマストなので、食事だけで痩せられるからと糖質制限だけに注目しないようにしてください。

とはいえ、低糖質は正確に行えば、体にもダイエットにも有効なのは間違いありません。

2022年のトレンドは、糖質制限というよりは低糖質がキーとなるので、まずは普段の食事で糖質を摂りすぎていないかチェックしてみてください。

2022年はYOUTUBEも人気再燃?!

2022年は、ダイエットのためにYOUTUBEの動画を利用する方も増えそうです。

ただ、YOUTUBEの動画の中には、自称プロがいるので、どの情報が正しいかの見極めも必要かもしれません。

現在のところ、おすすめできるYOTUBERさんは「竹脇まりな」さんの動画などは参考になると思います。

正しい知識がないと、せっかく痩せても健康的にはならない可能性が高いです。

私はいつもYOUTUBEの10分筋トレ×ゆらころん10分×1時間の有酸素運動を続けていますが、毎日の積み重ねが体重を減らします。

今月はもう少しで終わりですが、毎日の積み重ねがダイエットにつながるので、まずは正しい知識を得て、体に支障がないようなダイエット方法を試してみてください。

トレンドを追いかけること自体は悪くない!

それでは、2022年のダイエットトレンド候補「低糖質」についてご紹介してみました。

糖質の取りすぎは健康被害だけでなく、ダイエットの成功も邪魔します。

糖質制限はやりすぎは禁物なので、全面カットではなく、低糖質にスポットを当ててみるのがよさそうです。

私も今ダイエット中ですが、正月太りを解消するだけでも、ダイエットのモチベーションは上がりました。

ぜひ、今年のトレンドである「低糖質」をテーマにして、日頃の食事など見直してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました