オートファジーダイエットは12時間でも効果があるの?女性におすすめの理由

オートファジーダイエットは12時間でも効果あり?食事編

こんにちは。トレーズです。

現在、8時間ダイエットを敢行中ですが、オートファジーダイエットの1つでもある8時間ダイエットは、別名16時間断食ダイエットとも呼ばれています。

ただ、個人差はあると思うのですが、オートファジーダイエットは女性には過酷過ぎるダイエットとも言われていて、女性には12時間断食ダイエットの方がおすすめとの意見もあります。

今回は、オートファジーダイエットは12時間でも効果があるのかや、なぜ女性には12時間断食ダイエットがおすすめなのかなどご紹介します!

オートファジーダイエットは12時間でも効果あり?

まず、結論から言うと、オートファジーダイエットは12時間でも効果はあります。

そもそもオートファジーダイエットは、16時間断食しますが、これは男性向けの方法であり、女性は体の仕組み上、12時間断食の方が無理なく痩せられると言われているからです。

通常のオートファジーダイエットの場合、8時間しか食事の時間が取れないため、必然的に朝食は抜きとなるケースが多くなります。

そうなると、女性は生理痛が酷くなったり、生理不順になったりと問題が起こる方が多いんですね。

妊娠中や出産直後には、やってはいけないダイエット法とも言われており、女性にはオートファジーダイエットは過酷過ぎるとの意見もあります。

ただ、私は女性ではありますが、断食をしても生理痛など健康被害が出たことはなく、むしろ断食期間が長いときほど、体調がよくなることもあります。

なので、オートファジーダイエットは個人差があり、女性が16時間断食をしても悪いということではありません。

なぜ、女性は12時間がいいのかは、以下のような理由があります。

女性に16時間断食が向かない理由

女性は、男性とは体の仕組み自体が違い、とくに生理痛などは女性特有の悩みです。

ほかにも、女性に16時間ダイエットが向かない理由を、以下に見ていきましょう。

理由①体内の温度が上がらないから

まず、16時間断食=オートファジーダイエットは朝食を抜くことが多いので、身体の中からの体温が上がらず、基礎代謝が下がってしまいます。

もし長い期間オートファジーダイエットを続けると、体温の調節が上手くいかず、排卵や妊娠に悪影響を与えるとの意見です。

もちろん、個人差はありますが、女性にとってはなかなか難しい問題ではあります。

理由②生理痛の頻度が上がるから

ある調査結果によると、朝食を取る人よりも朝食を取らない人の方が生理痛が酷くなる可能性があると指摘されています。

ただ、この場合の生理痛とは、鎮痛剤を飲まないといけないほどひどい痛みが発生する場合なので、軽く腹痛がある程度の状態は含まれません。

とはいえ、もし毎月酷い生理痛に悩まされている方は、重症化しないためにも、オートファジーダイエットは避けた方がいいでしょう。

理由③冷えが慢性化するから

朝食を抜くとタンパク質が不足しがちですが、プロテインなどで補うにしても、1食分のタンパク質が補給できないのは、身体の体温を上げる機能が低下します。

体温維持には脂質や糖質も大切ですが、たんぱく質が3割を占めるので、朝食を抜くと、このたんぱく質の量が減ることが問題です。

もし、オートファジーダイエットを長期間続けた場合、毎日午前中は体温が上がりにくくなり、冷えが慢性化するからこそ、女性には向かないと言われます。

理由④男性向けの方法だから

空腹時間を長くした方がいい、1日1食が良い、朝食抜きの方が身体に良いと言われるのは、ほとんどが男性側の意見です。

女性は、上記でもご紹介したように毎月生理があり、一度でも体温を上げた方が身体に負担がかからずに済むと言います。

なので、飢餓状態を長くとることは、女性には負担が大きすぎるとされ、オートファジーダイエットは向かないとも言われています。

12時間断食は通常の食事と変わらない?

女性には16時間断食は過酷過ぎるので、12時間断食の方が向いていると書きましたが、ここで一つ疑問が沸きます。

12時間断食は、普通の食事とどこが変わるの?ということです。

昼に仕事をして夜に寝るという一日を送っていれば、一日3食取る場合、夕方の6時に夕食を終えれば、早朝の6時までの短い間の断食なので、後は間食さえしなければいいことになります。

つまり、12時間断食はダイエット法とは言えないのでは?と思うからです。

そもそも、間食をせずにいた頃でも体は太って悩んでいたわけですし、当たり前の食生活に戻すだけでダイエットできるなら誰も苦労しません。

名前が12時間断食とついているから誤解されがちですが、通常の食事の量を減らしたり、運動が必要になったり、これは他のダイエット方法と特に変わりはないですよね。

なので、もし16時間断食が身体に負担がかかるというなら、普段通り一日3食取り、運動をするというダイエットの基本に戻ります。

12時間断食は特別なダイエット法ではない?

12時間も断食するの?と思われるかもしれませんが、断食と名前が付いているだけで普通に食事はできるんです。

もし、オートファジーダイエットが辛いという方は、12時間断食=通常の食生活のダイエット法に立ち返ればいいだけなので、16時間断食と違い、12時間断食ダイエットは特別なダイエット法ではありません。

身体に多少は無理をさせないと、具体的には食生活を制限し、運動も加えないと、どんなダイエット法も効果を発揮できないのは同じです。

そのため、もしダイエットをするなら、名前だけに踊らされず、どんな内容で行うダイエットなのかをしっかりと確認してみてください。

オートファジーダイエットは男性向き?

それでは、オートファジーダイエットは12時間でも効果があるのか、またなぜ女性向と言われるのかなど理由をご紹介してみました。

オートファジーダイエットはどちらかと言うと男性向きのダイエット法なので、もし身体に過酷過ぎると考えた場合は、通常の食事がとれる12時間断食でも効果はあります。

ただ、12時間断食の場合は、通常と食事の時間帯が変わらないので、オートファジーよりも食べる量やカロリーには気をつけてみてください。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました