完全栄養食にダイエット効果はあるの?今話題の「BASE FOOD(ベースフード)」の特徴など調査!

BASE FOODの特徴食事編

こんにちは。トレーズです。

ダイエットで置き換えにおすすめの食べ物って色々ありますが、今話題の「BASE FOOD(ベースフード)」ってご存じですか?

「BASE FOOD(ベースフード)」は、完全栄養食として話題になっていますが、やはり気になるのは味やダイエット効果です。

今回は「BASE FOOD(ベースフード)」ブランドの完全栄養食の種類や特徴など調査してみました!

「BASE FOOD(ベースフード)」の種類は?

BASE FOODは、完全栄養食のブランド名ですが、販売されている商品には以下のようなタイプがあります。

BASE BREAD(パン)

もし、これからBASE FOODを試してみたいという方は、初心者でも始められやすい「BASE BREAD」からがおすすめです。

味も種類があり、プレーン、チョコ、メープル、シナモン、カレーなどがあるので、毎日食べても飽きづらいからです。

全粒粉ベースの生地にチアシードが入っており、食感もプチプチして楽しいと人気があります。

甘いものが食べたい方には、チョコやメープル、シナモンなどがおすすめで、カレー味は甘いのが苦手な方に向いています。

毎日同じ味だと飽きてしまうのは、完全栄養食に限りません。

ダイエットでは継続することが大切なので、飽きがきづらいパンでまず始めてみるのがおすすめです。

Base Pasta(パスタ)

Base Pastaは、フィットチーネとアジアンの二種類がありますが、パンだと毎日はきついし、麺類もたまには食べたいという方におすすめです。

ただ、パンと違い、Base Pastaは調理の手間があるのが難点ではあります。

とはいえ、普通のパスタよりも短時間でささっと調理できるため、欠点とはいえないかもしれません。

付属のパスタソースがBase Pastaとの相性ばっちりなので、美味しく食べられるのもポイントです。

フィットチーネの美味しい食べ方

フィットチーネのBase Pastaの美味しい食べ方は、たとえば、ボロネーゼ、カルボナーラ、たらこクリームなど、好きなソースをパスタに絡めて食べる方法です。

普通のパスタと変わらない調理法なので、普段と同じように食べられるのは嬉しい点ですよね。

ぜひ、いろいろなソースと組み合わせて、長く続けられるようにしてみてください。

アジアンの美味しい食べ方

アジアンタイプを食べるなら、アジアン風に「ざる蕎麦」やソースを使って「焼きそば風」にするなどの方法があります。

ベースパスタは、岐阜県の伝統ある製麺所で作られているため、きれいな水で作られているのも魅力的です。

弾力のある麵なので、お好きな方法で食べてみてください。

完全栄養食でも、ハイパーおやつに分類されるのが「Base Cookie」です。

フレーバーには、抹茶、ココア、アールグレイ(紅茶)、ココナッツ、さつまいもなどがあり、毎日違う味を楽しめるのもポイントです。

ちょっとした休憩時間に小腹が空いた時などにも、クッキーなら手軽に食べられますよね。

栄養素も満載のクッキーなので、ハイパーおやつとして置き換えに使えば、普段の食事の栄養バランスも整います。

完全栄養食がおすすめな理由

BASE FOOD以外にも完全栄養食はありますが、その中でもなぜBASE FOODブランドがおすすめなのか理由をご紹介します。

理由①1日の1/3の栄養が取れる

BASE FOODにはいくつか種類がありますが、その中でもBASE BREADは、一日の1/3の栄養素が取れるのは魅力的です。

たとえば、BASE BREADは、以下のような栄養素がとれます。

  • タンパク質
  • ビタミン類(26種類)
  • ミネラル
  • 食物繊維

BASE BREADは、2袋で1食分に換算されるので、単純計算で1日にパッケージの2倍の量の栄養素がとれるのは嬉しいですね。

理由②低糖質だから

ダイエットで低糖質を意識されてる方は多く、そんな方にも糖質が低い完全栄養食は打ってつけです。

BASE FOODの食品は、通常の食品と比べても低糖質で、全粒粉ベースの生地だからこそ、低糖質&グルテンの量が少ない&食物繊維が豊富などのメリットがあります。

糖質の量を比較すると、以下のようになります。

  • BASE PASTA(糖質40%OFF):日本食品標準成分表2015年版による同量の中華麺と比較
  • BASE BREAD(糖質30%OFF):日本食品標準成分表2015年版による同量のロールパンと比較

低糖質で、しかも食物繊維が豊富なので、便秘改善もしながら、糖質も気にしないでよいのは嬉しいポイントですね。

理由③満腹感を得られるから

BASE FOODの食品には、話題のスーパーフードである「チアシード」が入っており、食感を味わえるだけでなく、少量でも満腹感が得られます。

チアシードのダイエット効果は以下の通りです。

  • 水を含むと10倍に膨らむので、満腹感と腹持ちの良さが長続きする
  • 低カロリー&高タンパク質
  • 血液がさらさらになるオメガ3脂肪酸が含まれている
  • 栄養素も豊富で完全栄養食に向く

水を含むと10倍に膨らむチアシードが入ることで満腹感が得られ、間食や食べすぎも防げるので置き換えダイエットにも有効なのも魅力的な部分です。

また、ダイエット時に不足しがちなカルシウムや食物繊維も含まれているので、ダイエット効果も高く、同時に健康にも良いため、完全栄養食と呼ばれているんですね。

2022年のトレンドは完全栄養食?

それでは、2022年のトレンドと言われる「ハイパーおやつ」として、完全栄養食で有名な「BASE FOOD」についてご紹介してみました。

ダイエット中はどうしても食が細くなるので、栄養素がしっかりと取れないとお悩みの方も多いと思います。

そんなときには、完全栄養食を上手に利用して、体の中から健康的に痩せてみてください。

もし普段間食が多いと嘆いている方は、少量で満腹感が得られる完全栄養食がおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました