じゃがいも・にんじん・玉ねぎでダイエットはできる?カレーはどうなの?レシピもご紹介!

食事編

糖質が高いとされる野菜でダイエットできる?

こんにちは。トレーズです。
にんじんジュースダイエットの記事で、にんじんは糖質が高いとご紹介しましたが、同じように若干糖質が高いとされる、じゃがいもや玉ねぎでダイエットができるのかは気になる所。

今回は、じゃがいも・にんじん・玉ねぎでダイエットはできるのか?などの疑問の解決策とどれも使うことが多いカレーはダイエット効果があるのかなど、ご紹介します!^^

 

じゃがいも・にんじん・玉ねぎはダイエット向き?

それでは、じゃがいも・にんじん・玉ねぎはダイエット向きなのかをご紹介します。
特に、カレーライスやシチューなどには、どの野菜も入れることが多いですよね?

結論から言ってしまいますと、じゃがいも・にんじん・玉ねぎはダイエット向きではありません。
特に、糖質制限ダイエットをされている方は、できるだけ避けた方が良いです。

もちろん、じゃがいもやにんじん、玉ねぎ自体にはダイエット効果はありますが、問題になるのはやはり糖質です。

糖質とひとくちに言っても、糖には単糖類と多糖類があります。
フルーツには果糖があり、じゃがいもにはブドウ糖が含まれていて、こちらは単糖類です。
一方、砂糖、ご飯などの炭水化物、グリコーゲンは二糖類と呼ばれます。

血糖値を急激に上げる=インシュリンの過剰分泌になるのは、このうち二糖類の方なので、小麦粉やバター、砂糖などから作られるケーキなどの洋菓子よりも、果物を使ったゼリーがダイエット向きと言われるのはそのためです。

また、カレーやシチューなども野菜が沢山取れるので、一見ダイエットにも良さそうに見えますが、カレールーやシチュールーには、添加物も多く、砂糖以外の色々な食材が含まれており、これがカロリーも高くしてしまいます。

もしカレーで少しでもカロリーを低くしたいなら、肉の代わりに板麩を使うなどすれば、糖質は別として、カロリーはオフにできるのでおすすめです。

シチューもカロリーを低くしたいなら、ルーを使わず、コンソメスープなどにしてカロリーを低くするようにすればOKです。

カレーは糖質だらけ?

カレーにどれくらい糖質が含まれているのかを見てみると、内訳はこんな感じになります。

  • 白飯:200gで73g
  • じゃがいも(大1個):約100gに16g
  • にんじん(1本):約100gで6.4g
  • たまねぎ(1/2個):約100gで7g
  • カレールー:30gで約10g
  • 牛肩ロース肉:100gで0.2g

となり、糖質を簡単に合計すると、112.6も糖質が取れてしまう計算です。
一番軽い糖質制限では、1日の糖質摂取目安量が120g~170gなので、カレーを1杯食べるだけで、軽く一日の糖質を取ってしまいます。

でも糖質が多いとわかっていても、ダイエット中にどうしてもカレーが食べたくなることもあると思います。
禁じられているからこそ、食べたくなるという感じですね。

その時には、食べる時間帯を夜にしないで、朝に食べるようにすればOKです。
一日で一番カロリー消費が多い朝にカレーを食べれば、仕事内容などにもよりますが、体に残りづらい時間帯ですし、カレーに含まれるスパイスで刺激が出て、活発に動けるようになることも。

なので、カレーやシチューは朝に食べるようにすれば、カロリーの面でも糖質の面でも、脂肪として付きにくくなります。
じゃがいも・にんじん・玉ねぎは、食べ方によっては、ダイエット向きとまでいかなくても、一切シャットアウトなんてしなくても良いということです。

じゃがいも・にんじん・玉ねぎのおすすめレシピ

それでは、じゃがいも・にんじん・玉ねぎを使ったおすすめレシピもご紹介しますね。
その中でも、ダイエットに向いていると思われるレシピを3選してご紹介します!

①ポトフ

画像引用元:楽天レシピ

【材料:4人分】

じゃがいも…3~4個キャベツ…1/4玉玉ねぎ…1個
人参…1本ウィンナー…6本~お好みで★固形コンソメ…3個
★鶏がらスープの素…大1パセリ…お好みで

【作り方】

  1. 鍋に水を入れ火にかけます。
  2. じゃがいもの皮を剥き大きめに切り、鍋に入れます。
    (時短したいならじゃがいもを切ったら、レンジで加熱すればOK)
  3. ニンジンは、皮を剥いて薄めに切ります。
  4. タマネギは、皮をむいて太めに切ります。
  5. キャベツは、大きめにザク切りにしましょう。
  6. 2と3を鍋に入れ、煮込みます。
  7. 野菜が柔らかくなったら、★を入れましょう。
  8. 味が整ったらウィンナーを入れ、3分煮込みます。
  9. ウィンナーは軽く切れ込みを入れて下さい。
  10. 完成です。

コンソメスープにすることで、野菜もたくさん取りながら、低カロリーで満足することができます。
じゃがいも・にんじん・玉ねぎは、スープにするとダイエット向きになりますよー。

②じゃがいもの小判焼き


画像引用元:FYTTE

【材料:4人分】

じゃがいも…5個にんじん…1/4本玉ねぎ…中1/2個
ピーマン…1個ベーコン…3枚トマト…2個
レタス…適量塩コショウ…少々

【作り方】

  1. じゃがいもは蒸して皮をむき、全体がしっかりとなじむようにつぶします。
  2. にんじん、タマネギ、ピーマンはみじん切りにしておきましょう。
  3. ベーコンは3mm角くらいに切ります。
  4. フライパンを熱して3を炒め、2を加えてさらに炒めます。
  5. ボウルに1と4を入れ、塩、こしょうを加えてよく混ぜ合わせましょう。
  6. 5を8等分に分け、小判型にします。
  7. フライパンに油(分量外)をひき、6を両面に焦げ目がつく程度に焼きます。
  8. 皿に7を盛り付け、くし形に切ったトマト、ちぎったレタスを添えて出来上がりです。

こちらは、見た目がハンバーグっぽいのに、低カロリーなので、ダイエット向きのレシピです。
じゃがいも・にんじん・玉ねぎを使うなら、他の具材でカロリーや糖質を抑えてみてください。

③コロコロ野菜のスープ


画像引用元:レタスクラブ

【材料:2人分】

にんじん…1/2本じゃがいも…1個大根…2cm
玉ねぎ…1/4個マッシュルーム…2個固形スープの素…1/2個
塩コショウ…少々

【作り方】

  1. にんじん、じゃがいも、大根は2cm角に切ります。
  2. 玉ねぎは2cm四方に切り、マッシュルームは石づきを除いて四つ割りにしましょう。
  3. すべて鍋に入れて水2カップ、固形スープの素も加えて火にかけます。
  4. 煮立ったらアクを取り、ふたをして弱火にして約12分煮ましょう。
  5. 野菜がやわらかくなったら、塩、こしょうで味をととのえて完成です。

やはりダイエットにじゃがいも・にんじん・玉ねぎを使うなら、スープがおすすめです。
腹持ちも良いですし、シンプルな味付けにすれば、血糖値が急激に上がるのもある程度防げます。

根菜がダイエット向きでないとしても、じゃがいも・にんじん・玉ねぎには魅力的な栄養価も豊富なので、糖質制限中だからとカットせず、低カロリーになるように調整してみてください。
ダイエットは糖質も大切ですが、カロリーや栄養バランスも大切なので、糖質だけを見て食べないように工夫が必要です。

じゃがいも・にんじん・玉ねぎは食べ方次第

それでは、じゃがいも・にんじん・玉ねぎはダイエット向きでないと言われる理由や、ダイエット中のおすすめレシピなどをご紹介してみました。

根菜は基本的にはダイエット向きではありませんが、栄養価も高く、一切カットするのはもったいないです。
低カロリーに抑えつつ、上手に栄養価を手に入れて、健康的に痩せてみましょう。

記事が参考になりましたら嬉しいです!^^

タイトルとURLをコピーしました