布団宅配クリーニング「ふとんLenet(リネット)」はコロナ渦だからこそ利用したい!

ふとんLenet(リネット)のおすすめポイントダイエット徒然
イメージです。

こんにちは。トレーズです。

皆さんは、布団のクリーニングってどうされていますか?

洗濯機で洗濯しようと思っても、大型の洗濯機がないとふとんって洗えないことも多いですし、コロナ渦ではコインランドリーもちょっと利用しづらいですよね。

そんなときにおすすめなのが布団宅配クリーニングサービスです。

今回は、布団宅配クリーニング「ふとんLenet(リネット)」のサービス内容などご紹介します!

布団の宅配クリーニング「ふとんLenet(リネット)」

ふとんLenet(リネット)はこんなサービス

公式サイトより

ふとんLenet(リネット)は、今話題の宅配クリーニングサービスです。

おすすめポイントとして「家から一歩もでなくていい」「送料無料で届けてくれる」のは非常に魅力的なサービスですよね。

布団の丸洗いは、洗濯機が大きくないといけないですし、コインランドリーまで運ぶのにも車が必要になるなど、大変面倒です。

とくに、コロナ渦の現在では、コインランドリーの混雑加減も気になりますよね。

そんなときに、ふとんLenet(リネット)を利用すれば、ふとん一枚からでもクリーニングをしてくれるので、家族が多くても少なくても便利なサービスです。

もちろん、布団以外のクリーニングでも宅配サービスが利用でき、業界の中でもワイシャツが158円と言うのは安い価格設定です。

ブランド物など普段なかなか洗濯が難しい衣類なども、業者に任せれば安心ですよね。^^

なぜ布団は洗った方がいいの?

公式サイトより

ふとんLenet(リネット)では、布団の丸洗いが宅配で利用できますが、そもそも布団はなぜ洗った方がいいのでしょうか?

実は、それには3つの理由があります。

理由①寝ている間に汗をかくから

布団が汚れる一番の原因は、寝ている間にかく汗だと言われています。

一般的に、人は寝ている間に1日約コップで1杯分の汗をかき、中には寝汗でびっしょりなどの経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

一日に1杯というとさほど多いように感じないかもしれませんが、年で換算すると72リットルにもなるので無視はできません。

ペットボトルにして144本に該当する量ですから、布団が汗で汚れるのは何となく想像がつきそうです。

理由②汗には塩や尿素が含まれるから

布団が汚れる原因でもある汗ですが、実は汗でしっとりした布団には塩分や尿素などが含まれています。

その塩や尿素に水分が吸着することで、布団はだんだんとしっとり、重たくなっていくんですね。

布団が濡れていると、寝づらいですし、気持ち悪さに安眠出来ないなどの問題も生まれます。

もし布団がしっとりしているようなら、汚れを落とすのと同時に塩や尿素などもしっかりと除去してみてください。

理由③汗の角質などがダニの餌になるから

寝ている間に汗をかいた場合、汗による湿気や体から出る古い角質、皮脂などはダニの恰好の餌となります。

つまり、汗をかいた布団をそのままにしておくと、ダニにとって居心地のよい場所になり、ダニが繁殖する原因にもなるんですね。

また、ダニの死骸や糞はアレルギーの原因にもなりうるので、普段からアレルギーに悩まされている人ほど、布団は定期的にクリーニングした方がいいんです。

布団の宅配クリーニング「ふとんLenet(リネット)」

ふとんLenet(リネット)のおすすめポイント

布団のクリーニングが必要な理由がわかったところで、なぜふとんLenet(リネット)がおすすめなのか理由をみていきましょう。

ポイント①酵素のチカラを利用

ふとんLenet(リネット)のおすすめポイントの一つ目は、酵素のチカラを使って汚れやシミなどを分解してくれる点です。

検品の段階で、シミや黄ばみなどの汚れに「タンパク質分解酵素」を吹き付けることで、汚れを分解し、丸洗いするときに汚れを落としやすくしているんですね。

ただし、タンパク分解酵素はシミを完全に落としきれるものではない点はあらかじめ知っておいてください。

ポイント②抗菌・防臭効果のある洗剤を利用

ふとんLenet(リネット)のおすすめポイントの2つ目は、抗菌・防臭効果のある洗剤を使っている点です。

また、家庭の洗濯機では使うのが難しいたっぷりの水で洗えるので、アトピーやアレルギーの原因になる布団に住み着いたダニ、湿気から発生するカビなども、たっぷりの水で丸洗いしてくれます。

上記の画像でもわかりますが、標準布だと黒い中にカビなどがぽつぽつと見えますが、ふとんLenet(リネット)の洗剤を1回使っただけで、ほとんど白い模様が見えなくなっています。

※JISL1902 菌液呼吸法(黄色ブドウ球菌、18時間培養後)

家庭用洗剤では、ここまでの洗浄力は難しいので、やはりふとんLenet(リネット)などの業者に任せた方が安心ですね。

ポイント③布団専用乾燥室を利用

ふとんLenet(リネット)の3つ目のおすすめポイントは、布団専用の乾燥室とタンブラーで乾燥してくれる点です。

乾燥仕上げを利用するので、乾かすだけではなく、固くなった中綿を柔らかくほぐしてくれて、同時に綿ゴミなどの細かいホコリも除去してくれます。

専用の乾燥機を使うからこそ、しっかりと乾かせるのはもちろん、よりふわふわな布団へとリセットしてくれるんです。

ご家庭の乾燥機を使っての乾燥では、乾かせてもふわふわリセットは難しいので、そんなときにもふとんLenet(リネット)にお任せするのが安心です。

公式サイトより

ふとんLenet(リネット)の料金表

公式サイトより

ふとんLenet(リネット)は、ほかの業者と比べても、価格設定がお得になるのも魅力的です。

たとえば、以下のような料金がかかります。

注文枚数料金(全体)1枚当たりの料金
1枚8,800円
(税込9,680円)
8,800円
(税込9,680円)
2枚11,800円
(税込12,980円)
5,900円
(税込6,490円)
3枚12,800円
(税込14,080円)
4,267円
(税込4,694円)
4枚14,800円
(税込16,280円)
3,700円
(税込4,070円)
※上記料金は1個口でお出しいただいた料金となります。
※布団、毛布以外の商品(枕、シーツ、クッションなど)の料金は料金シミュレーターまたは料金表をご確認ください。
※複数個口になる場合は必ず料金シミュレーターで料金をご確認ください。

もし料金を比較するなら、公式サイトから「料金シミュレーター」が使えるので、どれだけ費用がかかるのかも簡単に計算できます。

料金シミュレーターを開くと、こんな感じに表示されます。

布団の宅配クリーニング「ふとんLenet(リネット)」

注文するときの注意点

ふとんLenet(リネット)を利用するなら、布団の口数によって価格が違う点には注意してください。

以下、公式サイトより引用です。

※個口数とは、布団を入れるバッグの数になります。
※布団は1個口におまとめください。布団2枚と布団1枚の2個口に分かれてしまった場合、2枚パックと1枚パックでの計算となり、12,800円(税込 14,080円)ではなく20,600円(税込 22,660円)となります。
※1個口あたり、税抜6,000円以上で送料無料となります。 (送料 3,000円(税込 3,300円)、北海道または沖縄の送料 4,000円(税込 4,400円)
※防ダニ加工は布団と毛布のみご利用いただけます。

Lenet(リネット)利用でふわふわの布団を手に入れよう!

それでは、ふとんLenet(リネット)のおすすめポイントやなぜ布団を洗う必要があるのかなどご紹介してみました。

布団の汚れの原因はさまざまですが、とくに毎日の汗が影響するとなると、洗う必要性は高いです。

ただ、ご家庭で布団を洗うのは大変なので、宅配サービスを利用すれば、送料無料で外に出ないでふわふわの布団が手に入ります。

アレルギー体質の方など、布団の汚れが気になっている方はぜひ、布団の宅配サービスを利用して、きもちのいい布団で寝てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました