8時間ダイエットでプロテインを飲むのはNG?おすすめの摂取時間はいつなの?

8時間ダイエット中のプロテインはNG?食事編

こんにちは。トレーズです。

8時間ダイエットは、別名16時間断食ダイエットとも呼ばれますが、16時間の間は水やコーヒーなどしか飲めないとされます。

そこで疑問に思うのが、運動後のプロテインは飲んでもいいのかどうか…

ということで、今回は8時間ダイエット中にプロテインを飲むのはNGかOKかなどご紹介しますね。^^

プロテインは原則NG!

まず、結論から言ってしまえば、8時間ダイエット=16時間断食ダイエットで、16時間の間にプロテインを飲むのはNGです!

なぜかといえば、プロテインには糖質が含まれており、同時に少しではありますが、カロリーを摂取してしまうからです。

もちろん、プロテインの種類によってカロリーは違いますが、およそ4Kcalあり、水やコーヒーとは違い、飲み物ではなく食事にカウントされます。

なので、8時間ダイエットをスムーズに行いたいなら、16時間の断食中に飲むのはNGです。

ただ、運動の後に筋肉をつけるサポートに使うなら、プロテインは効果ありとされます。

問題はいつ飲むかなので、以下に詳しくご紹介しますね。

8時間ダイエット中のプロテインはいつならOK?

運動後にプロテインを飲む方も多いと思いますが、よく言われるのは運動後30分以内に飲むと吸収されやすいなんて言われます。

ただ、重ねて言うようですが、8時間ダイエット中の16時間断食の間はプロテインは飲んではいけません。

もちろん、ほかのダイエット方法なら問題ないんですが、16時間断食中には飲むのはタブーとされます。

では、8時間ダイエットをしながらで、プロテインを飲むなら、計算して、何でも食べていい8時間以内に飲むのがおすすめです。

具体的には、運動する時間を16時間断食の終了ギリギリのタイミングで飲みます。

その後、運動をして30分以内に飲むようにすれば、8時間ダイエットの効果も薄れず効果的にプロテインが摂取できますよね。

この方法を使えば「運動自体を断食中に効率よく行える」と「16時間断食中にプロテインを飲む必要がなくなる」などのメリットも生まれます。

プロテインは液体ですが、あくまで食事の代わりと考え、8時間ダイエット中に水の代わりに飲むなどは避けるようにしてください。

プロテインは良質なたんぱく質が取れますが、糖質やカロリーを考えると、16時間断食中には飲むとせっかくの効果が台無しになります。

あくまで食事の補助としてプロテインを使うのもポイントです。

おすすめのプロテインはどれ?

8時間ダイエット中でも時間帯を計算すれば、プロテインもOKと書きました。

ただ、プロテインは大きく3種類に分かれ、それぞれ特徴が違うので、以下に詳しく解説しますね。

ホエイプロテインの特徴

まず、私が愛用しているザバスのホエイプロテインの特徴は、低カロリーで吸収が早い点が挙げられます。

牛乳を原料としているので、低カロリーでも栄養が割と豊富に含まれており、良質なたんぱく質の補給にも適しているんですね。

シェイカーはあった方がいいですが、私の場合100均のシェイカーでも十分でした。

ココア味ではありますが、甘さがくどくないので、甘いのが苦手な方にもおすすめです。^^

カゼインプロテインの特徴

カゼインプロテインも、ホエイプロテインと同じように原材料は牛乳です。

ただ、チーズやヨーグルトを固めるための成分が含まれているのがホエイプロテインとの大きな違いです。

ホエイプロテインのようにすぐに吸収されず、不溶性で固まりやすいとの特徴もあるため、ゆっくりと吸収されます。

ホエイプロテインが筋トレを有効にするドリンクだとすれば、カゼインプロテインは腹持ちがよく、吸収が遅い分、よりダイエット向きといえます。

ソイプロテインの特徴

ソイプロテインは、名前からもわかる通り、牛乳ではなく豆乳が原料です。

カゼインプロテインと同じようにゆっくりと体内に吸収され、5~6時間ほど猶予ができます。

こちらもダイエット目的に適しているプロテインなので、筋肉をつけるのが目的でなければ、ゆっくりと吸収されるソイプロテインなどを利用するのがおすすめです。

8時間ダイエット中は飲み物に気をつけよう!

それでは、8時間ダイエット=16時間断食ダイエット中にプロテインはOKなのか、またはNGなのかなどご紹介してみました。

プロテインは筋力のUPをサポートしてくれますが、ダイエット方法によっては飲まない方がいいこともあります。

まずは、どの時間帯に食事をとるのかを計算するのが8時間ダイエットのポイントです。

プロテインの飲む時間帯をしっかりと計算し、断食中に飲まないように時間配分を取ってみてくださいね。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました